中国茶を楽しむための主な道具を紹介いたします。
道具名には中国語の発音を漢語ピンインで併記しました。

道具名 日本語 概要
茶壺
chahu
(ちゃこ) いわゆる急須のことで、陶器製、磁器製などがある。包種茶なら磁器、凍頂烏龍茶や東方美人茶であれば陶器製がよいが。とりあえず陶器か磁器の1種類を用意して、いずれお茶の種類により使い分けるとよい。
茶海
chahai
(ちゃかい) 茶壺でいれたお茶を茶杯へ注ぐ前にこの茶海に入れる。複数の茶杯に分け注ぐ場合に、お茶の濃さを一定にする目的がある。磁器製が好ましい。
聞香杯
wenxiangbei
(もんこうはい) 写真左側。
まず出したお茶を茶海から注ぎ、続いて茶杯に移し入れる。茶杯に移したあと、この聞香杯の内側の香りをかいで楽しむ。薄手の磁器製のものがよい
普通は茶杯とセットで販売されている。
茶杯
chabei
(ちゃはい) お茶を飲むいわゆる茶碗のこと。陶器製、磁器製どちらでもよいが、陶器製の場合は香りが吸われてしまうので、内側に釉薬がかかったものがよい。小さめがよい。
濾網
luwang
(ちゃこし) 茶壺から茶海へお茶を移す場合に用いて、小さな茶くずなどを取り除く。淹れたお茶が澄んできれいに見える。特にお客さんなどに出す場合に使用するとよい。
蓋碗
gaiwan
(がいわん) 蓋のついた茶碗のことで、茶壺の代わりに直接茶葉をいれる。この蓋碗から茶海や、茶杯へお茶を移す。包種茶をいれる場合は磁器製の蓋碗の方が、茶壺よりよい。その他八宝茶や緑茶をいれ、この碗から直接飲んだりする。
茶盤
chapan
(ちゃぱん) 茶器(茶壺、茶杯など)を載せるお盆。茶器を温めるために使った湯などをこの上に捨てる。竹製、陶器製、木製など素材はいろいろのものがある。好みで選ぶ。
茶則
chaze
(ちゃそく) 茶葉をすくって、茶壺などに移すのに用いる。竹製などがある。
写真左。
茶通
chatong
(ちゃつう) 茶壺から不要になった茶葉を取り出す際に用いる。
写真右。
茶罐
chaguan
(ちゃかん) いわゆる茶筒に相当するもので、茶葉の保存に用いる。湿気、他の香り、光を遮断する。
その他の道具
茶漏
chalou
(ちゃろう)  写真準備中 茶則を使って茶葉を茶壺に入れる時、茶葉がこぼれないようにするために用いる。
茶挟
chaxie
(ちゃきょう)  写真準備中 茶葉を挟んでつかんだりする。
茶巾
chajin
(ちゃきん)  写真準備中 いわゆる台布巾として使うもの。茶布とも呼ぶ。
時計器      
茶托      
茶漉      
茶池      


Copyrights(C) 2011 Seyran Corporation. All Rights Reserved